Copyright © Kobe University
Biosignal Research Center.
All rights reserved.
workshop poster

第五回バイオシグナル研究会

テーマ: 生命環境と生物シグナル応答-基礎から応用まで-  
日 時: 平成29年 10月 17日(火)13:00~17:30  
場 所: 瀧川記念学術交流会館 参加費無料

プログラム

13:00~  バイオシグナル総合研究センター センター長(菅澤 薫) 開会挨拶

■〈分子シグナル〉 座長 森垣 憲一

13:10~  1「細胞内1分子イメージング解析の自動化とシグナル伝達への応用」

大阪大学 大学院生命機能研究科, 理化学研究所 上田 昌宏
「Automated single-molecule imaging analysis in living cells and its application to cell signaling」
Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University and QBiC, RIKEN  (Masahiro Ueda)

■〈環境応答シグナル〉 座長 森垣 憲一/乾 秀之

13:55~  2 「動物が持つ化学物質応答メカニズムを利用した汚染物質のファイトモニタリング」

神戸大学 バイオシグナル総合研究センター 乾 秀之
「Phytomonitoring of environmental pollutants based on mammalian chemical responsive mechanisms」
Kobe University Biosignal Research Center  (Hideyuki Inui)

14:40~  コーヒーブレイク

14:55~  3 「野生生物に残留するハロゲン化フェノール類の蓄積特性と毒性影響評価」

愛媛大学 沿岸環境科学研究センター 野見山 桂
「Accumulation features and toxicological assessment of halogenated phenolic compounds in the wildlife」
Center for Marine Environmental Studies, Ehime University  (Kei Nomiyama)

■〈生体環境シグナル〉 座長 坂本 克彦

15:40~  4 「時間栄養学の可能性」

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 大石 勝隆
「Chrono-nutritional studies for human health」
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology  (Katutaka Oishi)

16:25~  コーヒーブレイク

■〈薬物応答シグナル〉 座長 今石 浩正

16:40~  5 「ゲノム編集法で作製した遺伝子改変ラットを用いた

ビタミンDの作用メカニズムの解明」

富山県立大学 工学部 医薬品工学科 榊 利之
「Generation of genetically modified rats by genome editing to reveal molecular mechanism of vitamin D action」
Department of Pharmacetical Engineering, Faculty of Engineering Toyama Prefectural University
(Tosiyuki Sakaki)

17:25〜  バイオシグナル総合研究センター 副センター長(今石 浩正) 閉会挨拶

演題要旨

第五回バイオシグナル研究会(掲示ポスター)(PDF)
プログラム・演題要旨(PDF)

お問い合わせ

■連絡先: 神戸大学 バイオシグナル総合研究センター

今石 浩正 E-mail: himaish @ kobe-u.ac.jp    Tel & Fax: 078-803-5940
水垣 和喜 E-mail: mizugaki @ tiger.kobe-u.ac.jp Tel & Fax: 078-803-5940
※@前後にスペースを挿入しています